ふるさと納税でも人気のバランススクーターは提供されている?

公園などでハンドルもなしに乗っているだけで進むバランススクーター。そんな話題の商品がふるさと納税の返礼品で提供されているとはにわか信じがたいですよね。


バランススクーターってどんな乗り物?

足の置く場所に2つのタイヤ。一見すると乗りこなすのが難しそうですが、決して難しい事は無く、たった5~10分の練習でも乗れるようになるそうです。

体重移動だけで直感的に操作する事ができるので、バランス感覚を養ううえでも子供から若者まで幅広く人気のアイテムとなってきています。


ではバランススクーターをふるさと納税の返礼品として提供している自治体は本当にあるのでしょうか?


バランススクーターを提供している自治体は?

それは岐阜県七宋町。楽天ふるさと納税では多種多様な返礼品を提供している自治体として何度もこのブログで取り上げてきています。

岐阜県七宋町のバランススケーターのブランド

岐阜県七宋町が返礼品で提供しているのはKintoneキントーン バランススクーターオフロードモデル。

Kintoneはバランススクータータイプだけでなく、電動キックボード、電動スケートボードなど様々なタイプの製品を揃えています。

バランススケーターを手に入れるための寄附金額

寄附金額は114,000円とちょっと高額です。おおよそ年収700万から750万円が上限寄附控除額になります。


Kintoneキントーン バランススクーターオフロードモデルの注意点

【乗り方】

乗り方はとても簡単で、姿勢制御の為のジャイロ機能が搭載。乗る人のバランスを感知して自動調整をして重心移動するだけで、思い通りに操作すること可能。頭の中で進みたい方向をイメージしながら重心を前や後ろに右に左に少し倒すだけで前後、右回転、左回転が自由にできます。まっすぐ前をみて姿勢を良くして乗ると上手く操作できるようになります。

慣れるまではヘルメットや肘膝のサポーターの着用した方がけがの防止によろしいかと思います。

【使える場所】

公道では乗ることはできません。公園や私有地でしか使用できません。また人混みや障害物がある場所での使用も控えないと歩行者に誤ってぶつかってけがをさせて場合など賠償責任を負うことにつながります。

【寄附金申し込みからの発送期間】

約70日ほどかかります。


Kintoneキントーン バランススクーターの申し込み

立って走行させるのがなかなか難しいといった方にはキントーンバランススクーターにキントーンギアを装着させるだけで電動の3輪カートに大変身させる別パーツもふるさと納税で手に入れることができます。